財団法人 日本食肉消費総合センター トップ
はじめに和牛料理和牛とは

牛丼 常陸牛

<材料>2人分

常陸牛サーロインスライス300g

玉ねぎ1個

温泉卵2個

木の芽2枚

ご飯400g

だし汁140cc

みりん100cc

濃口しょう油60cc

つくり方

1) 牛肉は5cm幅に切ります。
2) 玉ねぎはたて半分に切り、繊維に沿って薄切りにします。
3) 鍋にだし汁、みりん、しょう油、玉ねぎを入れて火にかけます。
4) 玉ねぎに火が通ってしんなりとしたら、いったん火を弱めて牛肉をよくほぐしながら入れます。
5) 牛肉がよくほぐれたら火を強め、牛肉の色が変わるまで煮ます。あまり煮すぎないようにします。
6) どんぶりにご飯をよそい、5を盛りつけ、好みで煮汁をかけ、温泉卵をのせて木の芽をあしらいます。

常陸牛(黒毛和種)
生産県:茨城県

30か月余りにわたり、磨かれた飼育管理技術と厳選された飼料により育てられ、肉質の優秀なものだけが「常陸牛」と呼ばれます。リブロース、サーロイン、ヒレ、らんぷの部位は、日本人好みの赤身にほどよくサシの入った柔らかい肉です。

和のポイント

温泉卵

タマゴを80℃の湯で5分間ゆでてつくります。低温の湯でタマゴをゆでると、タマゴの表面は固まり、中は固まっていない状態になります。

00
ラインナップへもどる
l